筋肉がついてくると得られる5つの嬉しいこと

 

筋トレのメリットと言えば一般的には、筋肉が付くことによる美容や健康面が挙げられることが多くあります。

 

しかし、私が感じる筋トレのメリットは、ずばり、ストレスが溜まりにくくなり、ストレスが解消される効果が得られるという点です。

 

筋肉がついてくることで得られる5つの嬉しい効果を確認してみましょう。

 

1.全力を込める

 

一般的な日常生活で、全力を出す機会はありますか?私にはありません!

 

それでいて、全力出したい! と思うことはあります。

 

たとえば上司に苛立ったら。子供の反抗期に腹立ったら。ああ全力で殴りつけたい! と思うこと、ありますよね?

 

当たり前ですが、実行に移してはいけません。実行には移しませんが、溜めておいてもイライラは弥増すばかりです。

 

他の何かで発散しようとしても、全力を出す機会などないのが一般的な日常生活。食べ盛りの子供がいれば、毎日のお買い物は力仕事の面もあります。

 

お米を10kg買えば、自宅への道はそれなりに憂鬱です。

 

ですが、それは、歯を食いしばって全力で挑む類のものではありません。むしろイライラが増す作業です。

 

そこで挑むべきなのが、筋トレです。

 

他人にぶつけてはいけない苛立ちを、限界ぎりぎりの高重量に挑むことで発散するのです。

 

青筋が立っても変な声が出ても、息が上がって気持ち悪がられても良いんです。

 

全力で高重量を持ち上げ、或いは押し出し、と雑念を捨てて挑んでみれば、すっきりした気分になっていることは間違いありません。

 

2.達成感がある

 

たとえ行動の最初のきっかけがイライラ、ストレス解消目的であったとしても、筋トレは、やってみれば必ず結果が出てくるもの。

 

先週3セットでへばったはずのレッグプレスが、今回全然余裕でもう1セット行けちゃった、ということもあるのです。

 

嬉しくないですか? 私は嬉しいです! やればできるじゃん! という気持ちになります! 自分を誉めてあげたくなります。

 

実際誉めます、心の中で。

 

大人になると誉めてもらえる機会はそうはないものですから、こういうときこそ自分を目一杯誉めてあげれば、幸せな達成感に浸れることは間違いありません。

 

3.汗をかく

 

筋トレ後の幸せな達成感に浸ってるとき、身体は汗をかいてはいませんか?

 

私は汗をかきがちです。筋トレで全力を出すと、知らないうちに汗が出ています。

 

汗をかくのは身体に良いと言いますが、暑い季節にかく汗や緊張したときにかく汗は、あまり気分の良いものではありません。

 

比べてみると、スポーツ後の汗はずいぶん気分が良いと思いませんか?

 

両者の汗は、実は成分が違います。

 

暑いときにかく汗は尿素や塩化ナトリウムを含み、蒸散しにくく菌が繁殖しやすいベタつきのある汗です。

 

一方、運動によってかく汗は蒸散しやすく菌が繁殖しにくいだけでなく、適度な脂質やたんぱく質を含んで皮膚を保護する働きがあります。

 

身体に良いものは気分にも良い方向に働きかけるもの。筋トレで身体に良い汗をたっぷりかけば、確かに、心もすっきりするはずですよね。

 

4.お腹が空く

 

しっかり力を込めて筋トレをすると、体内に蓄えられていた糖質が消費されます。

 

全力を出し切った直後にはあまり空腹感を感じないかもしれませんが、エネルギーを使っていますから、お腹は空くはずなのです。

 

少し待ってみましょう。必ずお腹が空いてきます。

 

お腹が空いてから食べるご飯は、いつも以上に美味しく感じるものです。

 

ダイエットや筋肉をつける食事などを特に意識していないなら、お腹が空いたこのタイミングで食べたいものを食べましょう。

 

いつも以上にモリモリと、美味しくご飯が食べられます。

 

ご飯が美味しいと幸せになり嫌なことも忘れることができるのは、きっと私だけではないはずです。

 

5.よく眠れるようになる

 

しっかり運動してお腹一杯ご飯を食べたら、眠くなるのが人間です。

 

特に筋トレは、筋肉を破壊する行為です。

 

破壊されたものは修復しなければいけないわけで、人間の身体組織の修復は、眠っている間に行われます。

 

しっかり筋肉を壊した分、筋トレの後は多くの睡眠時間、質の良い睡眠が必要となります。

 

よって、筋トレ後は、大変よく眠れるのです。

 

質の良い睡眠の最中、身体の疲労、修復とは別に、脳も記憶を整理してリフレッシュしているのだとか。

 

脳がリフレッシュすることで、ストレス源だったイライラも記憶のゴミ箱に入れられるのでしょうか。

 

良く寝た後は、あんなイライラ些細なことだったな、と思えるようになっているはずです。

 

現代はストレスが多く、社会全体がイライラしがちと言われています。

 

けれど、限られた時間しかない人生でストレスやイライラに負けて気分悪く過ごすのは、もったいないことだと思いませんか?

 

イライラが多く気分が悪いときには、ストレス解消のことも意識しながら筋トレに励んでみてはいかがでしょうか!

 

 

トップページへ戻る。

page top